設立の趣旨

エニアグラムは約30年前に、鈴木秀子先生により、米国から日本に紹介されました。これまで国内でも、専門普及団体の主催により、全国で多数のワークショップが開催され、人間的に成長したいと考える人々の自己啓発に活用されてきました。
また、企業や行政、医療・福祉施設、スポーツなど多様な分野で、研修や指導、コーチングの場面で活用されています。米国ではスタンフォード大学ビジネススクール、国内では立命館大学ビジネススクールで、正規の授業の一部として学ばれています。

そして「VUCA*の時代」といわれる今、あらためてその知恵の普及の必要性を感じています。

エニアグラムは、人間の本質からくる根源的価値について考えることを通じ、人の多様性を理解し、人間的成長にアプローチするものです。多様な価値観や動機を知ることが、組織活動をはじめ、様々な活動の「信頼関係」のベースを作り、「シナジー」の源となります。組織の大小を問わず、多くの企業・組織において、その成果があがっています。

この度、エニアグラム普及の過去30年の活動の集成し、ビジネスエニアグラムのミッションに賛同する仲間で「ビジネスエニアグラム協会」を立ち上げました。組織の多様化が求められる時代、多様な個の可能性を最大にするエニアグラムが、企業や社会に役立つものと確信しております。

*VUCA=Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)。

 

代表挨拶

 

 

組織体制

会長(代表理事):木村孝

事務局担当理事:にいみひろこ、村木睦、中島美暁

理事:荒金雅子、五十嵐静雄、菅尾俊介、高橋慶治、吉岡正志

 

理事プロフィール

事業内容

ビジネスエニアグラム普及事業

  企業向け「シナジーメイキングWS」「テーマ別エニアグラム活用WS」の提供

  全国各地域における「公開WS」(個人・法人向け)の開催

  各種WS・講座・研究会の開催(リアル・オンライン)

 

ビジネスエニアグラム研究事業

  組織活動でのエニアグラム普及に関する研究、事例検討

 

ファシリテーター養成事業

  ビジネスエニアグラム普及の担い手となるファシリテーターの養成

 

会員事業(エニアグラムコミュニティ運営=個人/法人)

  個人会員向け研究会の開催

  法人会員向け研究会の開催

  オンラインを活用したオリジナルコンテンツ と自己組織化的な場(ラーニングプラットフォーム)の提供