私のエニアグラム活用法

皆さまこんにちは。
私はタイプ7、ウイング8の村木と申します。

私は経営コンサルタント、介護の資格を取るスクール、高齢者の訪問介護ステーションを経営しております。
介護の資格を取るスクールでは、自社と専門学校の非常勤講師として、就職支援を行っております。

私はこのエニアグラムを経営コンサルディングと就職支援で活用しています。
今回はその中でもコンサルタントとしての活用をお話しいたします。

経営コンサルティングでは全ての契約企業に活用しているわけではありません。生産性のコンサルタントなので、現場での改善指導、人材の育成、企業の目標達成が主な仕事になります。
現場で発生する問題は、様々なものがあります。
その中で多様性を理解する必要がある、コミュニケーション不足や対人関係の問題、リーダー育成が出来ていない等の場合にエニアグラムを導入しています。
管理職に向けて色々アドバイスするにあたり、その管理職の方の自己理解と部下の他者理解が必要になります。まずは自分と部下の価値観、強みと弱みを知ることからスタートします。そして、違いは間違いではない事をお伝えします。
コミュニケーションは元々ズレているのです。 同じ事を伝えてもその話の受け取り方は様々なのです。

この話は当たり前!と思うかもしれませんが、それを理解していない方のほうが多いのです。
知っているのと理解し体現しているのは違うのです。

まずはそれを体験して頂くと新しい発見が出来ます。

多様性を理解するために是非エニアグラムを体験してみてください。

(理事 村木睦 タイプ7)

 

関連記事

  1. 経営の基軸(2)~経営機軸の力~

  2. 経営の基軸(1)

  3. 弱みを見せあえる組織は強い

  4. 経営の基軸(3)~自分経営・家族経営~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー